MENU

産み分けとは?

産み分けとは、次に生まれてくる赤ちゃんが男の子か女の子か、希望する性別が実現できるようにするための妊娠前にする行動のことです。

 

実際に産み分けを成功する確率が100%確実とは言えませんが、産み分けを実践した結果70%〜80%の割合で赤ちゃんの性別が分けられることが実証されています。

 

しかし、100%ではないので期待した性別にならないケースも必ずあります。

 

中には体質的に出来ない場合もあったりします。

 

ですが、性別に関係なく生まれてくる子供はあなたの可愛い我が子です。
性別が分けられなかった、期待通りにいかなかった場合でもきちんと愛してあげてください!
その子はあなたの大切な子供なのですから、大人の勝手な都合に生まれてくる子供を悲しませないでください.。
女の子を産みたい夫婦のためのピンクゼリー

 

さて、産み分けをしたいと思っても、最初はどうすれば良いか分かりませんよね。
中には実証されていない迷信みたいな方法もありますので、出来れば安心して身体に負担がかからない方法で実践したい。

 

そんな悩んでいる方に紹介したいのが【産み分けゼリー】です!

 

産み分けゼリーとは?

産み分けゼリーとは、性行為の時に使用して性別を産み分けしやすくするための潤滑ゼリーのことです。

産み分けゼリーを用いることで希望する性別の赤ちゃんを授かる確率が高くなります。
また、産み分けゼリーには2種類あり夫婦の希望に合わせた産み分けをサポートしてくれます!

 

それが【ピンクゼリー】と【グリーンゼリー】です。

 

【ピンクゼリー】は女の子を産みたい方に、

 

【グリーンゼリー】は男の子を産みたい方のための商品になっています。

 

ピンクゼリーの効果とは?

元々性別は男の子か女の子しかないので生まれる確率は半分の50%程度でしょう。

 

ですが、ピンクゼリーを使用するだけで確率が70〜80%ほどアップします。

 

もちろん絶対に成功するとは限りありませんが確率が変わることは間違いありません!
もし、女の子を出産したいのであれば使用するべきだと私は思います。

 

ピンクゼリーは、人工的に膣内の環境を変えるためのグッズなので、

・食事などで体内環境を変える
・排卵日を計測する

などの他の産み分け方法よりも効果が高いと言われています。

 

しかし、効果が高いためピンクゼリーを使用する際に副作用があるのではないかと心配になる方も多いと思います。
そこでピンクゼリー(産み分けゼリー)の副作用についてないかどうか調べてみましたので、是非参考にしてください!

 

ピンクゼリーの副作用

さて、効果はだいたい分かりましたが分かっていても「副作用がないのか?」」という心配が出てきますよね。
ゼリーといっても体内に入れるものなので心配するのはもちろんだと思います。
ですが、その点は全く心配ありません!

 

ただし、アレルギーの方だけは注意してください!
アレルギーのある方は成分表をしっかりとチェックしてください!

ピンクゼリーの主な成分と特徴

インターネット上で公表されている以下のピンクゼリーの成分を見てみると、

 

精製水
ポリアクリル酸Na 水分吸収力が高く保湿を目的として配合されている
アロエベラ液状 液状の成分で皮膚組織のコンディショニングを整える役割がある
クエン酸 ph値の調整のための配合
リン酸K 保湿とph値の調整のために配合されている
リン酸2Na 同じく保湿とph値の調整のために配合されている

上を見ていただくと分かるように、ピンクゼリー(産み分けゼリー)の主な成分は、ph値という酸性とアルカリ性を表す指標を調整する為の成分なので特に問題はありません。

 

あくまでも成分表示されているピンクゼリーは副作用の心配はないという事です。

 

ただし、逆に成分表示がない商品については、副作用があるかどうか判断が難しいと言えます。

 

産み分けをしない方が良い方

子供を産み分けしない方が良い方も中にはいます。
ここではピンクゼリー(産み分け)をしない方が良い方の特徴を紹介します。

・現在不妊の方

2年間普通に夫婦生活があるのにも関わらず妊娠できていない夫婦が不妊と認定されます。
現段階で妊娠できない夫婦の場合は妊娠確率から考えて何らかのトラブルがあると予想されています。
なので夫婦生活の回数を限定してしまうと、かえって不妊を助長してしまう可能性があります。
更に仮に生まれてくる赤ちゃんが男女のどちらかになりやすいような夫婦生活を実施しても妊娠できない可能性は高いです。
ですので、私からは不妊治療を一度受診することをオススメします。

・初めて妊娠する方

初めて妊娠する方は産み分けを実施するのは不妊かどうかわからなくなる可能性があるのでオススメできません。
また、タイミングを決めて営みをしていると妊娠の確率は下がりますので注意してください!

・高齢の方

どちらかまたは両方が高齢の場合は卵子も精子のタイミングを見ていては妊娠するのは困難です.
子供を授かること自体も難しいと思われます。。

 

子作りを優先させるのであれば、まず何よりも妊娠が第一なのでそれを目標に頑張りましょう!

 

更新履歴